...            ...   

ヒコーキ撮影 プラモデル 雑記

デジイチ購入!EOS90D発売日に80Dを買った【簡単レビュー】

こんにちはっ。ゆきお(@Yukio_model)です。

先日、ついに自分専用のデジタル一眼レフカメラを購入しました!

ゆきお一家は祖父が写真館を経営しており、父親も趣味で一眼を所有していたのでなかなか自分専用のカメラを持つことがなかったのです。

しかし、家族所有の機材も古くなり、父親もついにスマホのカメラで十分などと言い出す始末・・・

当ブログのプラモデル製作記やキットレビューでは撮影ブース+スマホの有料アプリという組み合わせで撮ってきましたが、やはり一眼には敵わないというのは明白。

特にコンテストでは写真選考が行われることが多くなっていて、スマホではかなり厳しいと思っています。

そんなこんなで前々から欲しいと思っていた一眼ですが、CanonからEOS90Dが発売されるということで、前モデルの80Dが値引きされるのを期待してヨドバシへ向かったのでした。

ホントは90Dが欲しかった。。。

キャノンのミドルクラス「EOS 80D」

▲EOS 80D + EF-S18-55 IS STM

というわけでこちらが購入したEOS 80D。

正確には EOS 80D(W)・EF-S18-55 IS STM レンズキット

もっと正確に言うとSIGMAの望遠レンズも一緒に買ったんですがそれはまた別の機会に。

  • 有効画素数 約2420万画素
  • センサーサイズ APS-C
  • 連続撮影速度 約7.0コマ/秒
  • 常用ISO 100~16000
  • 映像エンジン DIGIC6
  • オールクロス45点AF
  • 質量 約730g

基本性能はこんな感じ。

いわゆるミドルクラスで、エントリーモデルのKissシリーズからのステップアップに最適なモデルですね。

正直プラモやガンプラの撮影に使うだけならKissシリーズでも全く問題ないんですが、せっかく一眼を買うなら大好きな飛行機写真も撮れる良いモノを!ということでちょっと奮発しました。

▲エントリーモデルには無い肩液晶も装備。

▲液晶はバリアングル。タッチディスプレイ。

▲モードセレクター。中央のボタンを押しながら回す。

ここからちょっとだけこのカメラの魅力&特徴をお伝えしてみたいと思います。

90D出たのに。

高性能なオートフォーカス!

まずはAF性能の高さ。これはプラモデル撮影には全く必要なく、動く被写体(私の場合は飛行機)を撮影するときに重要なポイント。

このクラスではかなり優秀な45点オールクロスの測距点&高速AFで被写体にしっかり食いつきます。

AIサーボAFがイイ。

被写体の動きを予測してピントを合わせ続けるAIサーボAFがとにかく素晴らしい。

親指AFとの相性が抜群でスポーツや動体を撮影するときには頼りっぱなし・・・

連写性能

これも模型撮影にはいらないかな・・・笑

7.0コマ/秒で飛び出してくる飛行機を撮影できます。

▲連写スピードが活きるタッチダウンの瞬間。

Wi-Fi&Bluetooth&NFC搭載!

最近のカメラでは割と標準的に搭載されているスマホ連携機能もバッチリ。

作業途中をパシャっと撮ってそのままスマホ、そしてSNSへさくっと流しちゃうなんてこともできます。(それぐらいならスマホでもいいんだけど・・・)

専用のアプリ、CameraConnectを使えばリモート撮影なんかもできるのでむしろこっちの方が便利。

レリーズが無くてもバルブ撮影や長時間露光もできますぞ。

ファインダー視野率は約100%!

これまた入門機との大きな違い。

EOS Kiss 9XやKiss 10がファインダー視野率約95%なのに対して、80Dはほぼ100%。

撮影した画像を確認したら余白が大きい・・・なんてことがありません。

もちろんライブビュー撮影時はKiss系も100%ですけど。

自由自在なバリアングル液晶

バリアングル液晶のおかげでハイアングルからローアングルまで自由な構図ができるように。

個人的にはライブビュー撮影はあまりしないんですが、撮影ブースでの撮影なんかは低い位置にカメラを固定してしまうのでコイツに助けられるでしょう。

この液晶はタッチパネルになっているので、撮影に関する設定もタッチでできればタッチでピントを合わせてそのままシャッターまで切れるタッチシャッター機能もあります。

エントリーモデル以上の耐久性

防塵・防滴性能はもちろん、寿命のあるシャッター回数もエントリーモデルよりも耐久性が高めに設計されている・・・らしい。

いずれは上位機に乗り換えて売ったりすることも考えて、最初からミドルクラスを買っちゃうのも悪くないと思います。

今買うなら90Dだけど・・・

以上「90Dが発売される中80Dを買ってみた」でした。

しかしながら、これからキャノンのミドルクラスを買おうと思う方は是非最新の90Dを買いましょう。

created by Rinker
キヤノン
¥164,800 (2019/11/13 22:14:52時点 Amazon調べ-詳細)
  • 約3280万画素 (80Dは2420万画素)
  • 4K/30FPS撮影可能
  • 映像エンジンは最新のDIGIC8
  • 連射性能は10コマ/秒 ライブビュー撮影時は11コマ/秒
  • 質量701g

自分で書いててもスペックの違いに辛くなってくるのでこのぐらいで・・・

カメラの性能の違いが、戦力の決定的差でないということを教えてやる!

ただしお値段もそれ相応にお高くなっているので、安く80Dを買って差額分を良いレンズに充てるというのも選択肢としては十分アリだと思います。

私は飛行機をよく撮るのでサードパーティ製望遠レンズを購入。

▲同時購入したSIGMA製100-400mm望遠ズームレンズ。通称ライトバズーカ。

 


 

ということでこのブログでも新しい相棒80Dで撮影した画像をバシバシ使っていきたいと思います!

それではっ。

P.S. カメラ購入を機に飛行機&模型写真メインのInstagram始めました!

こちらもフォローよろしくお願いします<(_ _)>

 

Copyright© Yukio Modeling works , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.